啓発普及事業

禁煙のすすめ

たばこの有害成分

たばこの煙には4000種類以上の化学物質が含まれており、有害な化学物質は200種類以上、発がん性がわかっているものだけでも60種類あります。

●タール

煙の中のヤニで、がんの原因になる発がん性物質のかたまりです。肺がどす黒くなり、機能が低下します。
毎日20本のたばこを吸うと、1年で、約コップ1杯分のタールが身体に入ります。

●ニコチン

ニコチンは血管にダメージを与え、体内の血管を細くし、心臓に負担をかけたりします。悪玉コレステロールを取り込みやすくさせます。
脳がニコチンを欲しがるため、たばこがやめられなくなる原因になっています。

●一酸化炭素

血液中の酸素の運搬を邪魔し、息切れ、スタミナ不足を起こし運動能力の低下や、動脈硬化を促進します。

たばこの有害成分

たばこの煙は喫煙者が吸い込む「主流煙」と、点火部分から立ち昇る「副流煙」に分けられます。
有害物質の発生は、主流煙より副流煙の方がだんぜん多く、中には主流煙の数十倍にのぼる物質もあります。

たばこの副流煙のほうがずっと有害
8か条
禁煙
よろこびの会
複十字シール
協賛活動
結核予防会
協賛活動
石川よろこびの会
情報公開資料
ホームセンター紹介集団検診事業調査研究事業 | 啓発事業 | お知らせ個人情報保護方針
Copyright (C) Ishikawa Seijinbyou Yobou Center. All Rights Reserved.
公益財団法人 石川県成人病予防センター
〒920-8201 金沢市鞍月東二丁目6番地
TEL:076-237-6262 FAX:076-238-9207